エンド オブ ホワイトハウス をDVDで観ました。

11月 16th, 2014

DVDを借りてエンド オブ ホワイトハウス を観ました。ジャックバウアーの24の最初の犯人のテロを解決する6時間程度を凝縮したような、ハラハラドキドキ次はどうなるのと、96時間よりわかりやすくて、見ごたえのある作品でした。すぐに映画をよく見る人におもしろかったと伝えたほどです。Olympus has fallen が本当の映画のタイトルですが、日本ではエンドオブホワイトハウスとなっています。エンド オブ ザ ホワイトハウスでないかなとひそかに思ったのですが、わかりやすくしているのでしょうね。
 たくさんの人が亡くなって、えらいことだと思いました。でも映画を見て世界情勢をわかったような気になっているのも確かで、アメリカってこんなことも恐れているのだなと他人事のように思ったのは、平和な日本人だからなのでしょうか。
アメリカがあんなことになってしまったら、日本もヤバイとおもった作品でした

This entry was posted on 日曜日, 11月 16th, 2014 at 4:38 PM and is filed under つぶやき. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.