Welcome!

昼間のドラマの再放送に涙。

8月 26th, 2014

今日は、1リットルの涙の再放送を見て号泣してしまいました。

脊髄小脳変性症という病気と闘う少女のお話。

リアルタイムで放送されていた時も、毎回ティッシュの山を作っていた気がします。

大人になった今見ると、また違う目線で見ることができました。

彼女の病気は、症状が進むにつれて、だんだんと体が言うことを聞かなくなり、歩くことはもちろん、話すことや笑うこともできなくなってしまうというものです。

そして、体が不自由になるなかでも、精神が衰えることはないのだそうです。

健康な人と同じように喜怒哀楽を感じるのに、伝えられないもどかしさを思うと、涙が出ます。

一生懸命声を出す姿や、それをじっと聞く周りの人の姿に、胸が締め付けられます。

病気と闘う方々が、どうか笑って生きていられるよう、その一生が、できる限り幸せであるよう、願うばかりです。

このような病気を描くドラマやドキュメンタリーを見ると、健康である自分のあり方を考えさせられますね。

家庭を持ち、子供という守るものができた今、健康でいられることがどんなにありがたいことか。

普段当たり前のように不自由なく生きていますが、こういった作品を見ることは、大きな幸せに気付き、それに感謝する、素敵なきっかけになりますね。

近所のおばちゃん

8月 18th, 2014

先日実家に帰っていた際、近所のおばちゃんにたまたま遭遇しました。
10年近くお会いしてなかった方なので、私のことなんて忘れてるかなと思っていたのですが、おばちゃんの方から話しかけてくださって、「久しぶりだね。
少し太った?」と言われました。
確かに10年前に比べれば確実に太っていますが(笑)、私を覚えてくださっていたことに感激しました。
これは当たり前のことではなくて、きっとおばちゃんの人柄だからこその出来事だと思います。

妹のアトピーで母が悩んでいた時も、しょっちゅうおばちゃんが家に来て、この薬が良いらしい、あそこの温泉が良いらしい、病院探してきたから行ってみなさい、など母に協力してくださいました。

見返りもないのに、ただ、「人の為に」と行動していたおばちゃんは、大人になって改めてすごいことなのだとわかります。
おばちゃんにはいつまでも元気でいてほしいです。

手作り餃子

8月 8th, 2014

今日は絶対餃子が食べたい!
と言う訳で、昨夜は餃子パーティーをしました。
パーティーと言っても家族四人ですが(苦笑)
わが家は、皮も子どもと手作りします。
毎度皆で粉だらけになりますが、たまにはいい経験かな。

お粉達をお湯でコネコネ。
丸めてちょい寝かせ。

そう、ここまではいつも順調!
しかし、ここからが根気のいる作業に入ります。
ただただ根気。
『ぅわぁぁ!』と叫びたくなります。

丸めた記事を、小さく切り、小さな麺棒で丸く伸ばしていく作業。
約50個をやっとの思いで作り上げ、いざ中身を皆で包もう~♪
ちなみに我が家の餃子は春雨入り。
TVで見てから必ず入れてます。

最後の方に、面倒臭くなり大きく作った皮は茹で餃子にして、スープごといただきました。

ハプニングもあり、結局3時間もかかってしまったけど、添加物の心配もないし、子どもも楽しめるし、時間と気持ちに余裕がある時はまたやりたいと思います。

餃子、最高~!

できないことの受容

7月 30th, 2014

今日はボランティアがありました。
今日を迎えるにあたり、当初の担当の準備を張り切ってやっていたのですが、現場に着いてから違う担当を言われました。
ショックもありましたが、先輩方がたくさんいましたので差し置いて出るものでもありません。
与えられた場所で結果を出すこと、それが次の機会に繋がると考えているのでそこでできるパフォーマンスをしっかり出してきました。
その後、当初の担当の仕事をする機会がありましたが、場所の変更などがあり、急な対応が難しい私はとっさに動くことができずに、他の人がみんなパッと動いたので充足したため、ボランティア終了でまだみんなが対応している中、帰宅許可が出て1人会場を後にしました。

志事上、できないことを受容する大切さとその苦しみは頭では解っているつもりです。
人にもそれは言えるのですが、実際に自分ごととなると受け入れられなかった自分に気がつきました。
今後ボランティアや志事をしていくにあたり必要な能力なのでしっかり自分と向き合い、これからも自分にできることを最大限やっていこうと誓った日でした。

ミュージックステーションを見て

7月 19th, 2014

今日のミュージックステーションにはAKB48が出演していました。
新聞のテレビ欄には「特別メドレー」とありました。
緊急出演になったのでしょうか。
それにしても先日の日曜日、傷ましい事件が起こりました。
あの会場にいたメンバーの中に総監督の高橋みなみさんもいたとある記事で見ました。
そうであるならば彼女自身もかなりのショックは残っていると思います。
ですが、積極的にコメントを発表し、被害にあったメンバーとスタッフへのお見舞いコメント、ファンに向けてのメッセージを出しています。
総監督という立場から彼女が先頭に立っていくべきなのはわかりますが、今日の彼女の表情を見ていると、かなり無理をしてるように映りました。
同期生やベテランメンバーが少なくなってきてのこのような事件があり、彼女の心的疲労がとても心配です。
中堅メンバーが積極的に表に出てきてくれることを望んでいます。

スイスの偽ブランド対策

7月 7th, 2014

スイス製なら売れるということで、時計やバッグ、装飾品など伝統的なもの以外にもいろんなものにスイス製という表示をして、ちゃっかり儲けようとする商人もどきが横行しています。
それによってスイス製のブランド価値が壊されるとして、スイスでは法律での規制に踏み切りました。
しかしその法律に書かれている、材料の何%以上はスイス産であること、というような線引きを守ろうとすると、材料や部品の産地まで問題になってしまうので、
かなり昔からスイスで製造している実績のあるようなところまで、スイスブランドでの販売が出来なくなってしまうと、不満を訴える業者が多く、法の不備を指摘する声があがっています。
その解決策としては、スイスで長いことことやってることが証明出来るところはスイスブランドとして認める。
ということにすればいいのではないかと思いました。
いくら高級品とはいえ、安い輸入材を使わないと、採算が取れないところがほとんどですので、そうする他ないと思います。
もちろんすべてスイス製というのもありえますが、高過ぎて一般人の手の届かない、王侯貴族のような人にしか手に入らないものとなるでしょう。

宅配便の受け取り

6月 29th, 2014

宅急便は時間指定をしない限りは昼間に家に持ってくることが多いのですが、大抵の人は昼間のうちに買い物に行ったり学校に行ったり会社に行ったりしてほとんど土日以外は不在が多いのが当たり前だと思います。
そうすると、不在用紙が入っているのでパソコンなどで再配達の連絡をしますが、一回来たのでこちらがすみませんと言って欲しい感じの対応されて、いいえどういたしましてと言われたりしました。
こちらがお願いして昼に持ってきても居ないのなら申し訳なかったと思うのですが、いつもいないのにと思うのに持ってきていて再配達がめんどうなのならばそういyシステムを辞めたら良いのにと思いました。
再配達のお願いする時はお金を払うときっとこちらにありがとうございましたと言うのにと思っていました。
全国のみんなが家に住むには宅配ボックス設置義務の方うぃ作ったら良いと思います。
宅急便荷物が多いので業者の急な発送で再配達ばかりする人からの気持ちです

次女の誕生日

6月 21st, 2014

もうすぐ一歳になる次女。

長女と六歳離れてるから、赤ちゃんを24時間缶詰めで見続けるのは久々で大変な毎日だったなぁ。

でもものすごく懐かしくって、お姉ちゃんの時は右も左も分からずパニックになってたことを思い出します。

次女を妊娠したとき、私8ヶ月まで働いてたんだよね。

やっと退職して二日目、働きすぎがたたったのかまさかの出血で緊急入院!!
それから一ヶ月半程、トイレとお風呂以外寝たきりの生活。

いきなり入院したことで私はお姉ちゃんの事が心配でベッドで泣いてたっけ。

当の本人は平気な顔してたけどね(笑)
でもよく頑張ってたんだと思う。

寂しかっただろうに。

お母さんも寂しかったよ。

そして主人、本当によく一人で全てをこなしてくれました。

素敵な家族に支えられて、あなたは無事産まれてきたんだよ。

もうすぐ一歳。

あなたのその笑顔で私達家族は幸せです。

産まれてきてくれて本当にありがとう。

娘ちゃんの寝ぐす

6月 13th, 2014

最近、9ヶ月になった娘ちゃん。

今までは8時とか7時とかに寝てたのに
最近9時すぎまで起きてる(..)
昼寝も寝ても1時間なのに。

なぜ?
抱っこで寝かせようとすると
腕は突っ張るし、お腹めっちゃ蹴られる(_)しかもギャン泣きしながら。

だからついつい添い乳に頼ってしまう。

今日も添い乳で寝かし付けたけど、
30分後には覚醒。

母ちゃん泣きたくなったよ…。

仕方がないから 布団のそばで遊んでたけど
ふと、ネットで見た寝たふりを思い出したので試しにしてみた。

それでも娘ちゃん
寝ている母ちゃんほっといて遊んでる♪
それでもと思って続けてみたら
娘ちゃんが寄ってきた!!
髪の毛引っ張るのか!?と思ったら
小さい体をくっつけて
私の指で遊び始めた♪
ふふっ、寂しくなったのかな。

可愛いやつめ。

と、思った矢先
娘ちゃんの動きが止まり 寝息が聞こえてきた!
今まで凄い大変だったのに
こんなにあっさり寝てくれるなんて!
母ちゃん嬉しすぎて泣きたくなったよ!
明日もこの方法ですんなり寝てくれるといいな♪

プリンの恋人

6月 5th, 2014

Facebookに母とプリンを作った写真を載せたら、彼がすぐに「美味しそうだね」とコメントをくれました。
すぐにコメントをくれたことは、彼に愛されてるなぁと実感できて素直に嬉しかったので、私もすぐに「美味しかったよ」と返信しました。

でも、週末彼は会うなり「プリン食べた?」と聞いてきました。
プリンを作ってから一週間も経っているし、「美味しかった」と感想も伝えているのになんでかなぁと思いながらも、その時は「作ってすぐに食べたよ。
美味しかった」と返事をしました。

でも彼は毎朝のおはようのメール、仕事が終わった時のお疲れ様のメール、ただいま、おやすみのメールの全てに「おはよう。
プリン美味しい?」「ただいまプリン食べた?」「お疲れ様。
プリン食べてるとこ見たい」とプリンの単語を混ぜてくるのです。

よほどプリンが好きなのか、私が「プリンネタはもういいよ」って言ってもやめてくれないし、面白がって言っているわけでもなさそうです。

このままではプリンが大嫌いになるし、何故か私を料理上手と勝手に誤解してくれているし、彼とは別れようか悩み中です。

とりあえずプリンはもう一生食べたくありません。