Welcome!

ミュージックステーションを見て

7月 19th, 2014

今日のミュージックステーションにはAKB48が出演していました。
新聞のテレビ欄には「特別メドレー」とありました。
緊急出演になったのでしょうか。
それにしても先日の日曜日、傷ましい事件が起こりました。
あの会場にいたメンバーの中に総監督の高橋みなみさんもいたとある記事で見ました。
そうであるならば彼女自身もかなりのショックは残っていると思います。
ですが、積極的にコメントを発表し、被害にあったメンバーとスタッフへのお見舞いコメント、ファンに向けてのメッセージを出しています。
総監督という立場から彼女が先頭に立っていくべきなのはわかりますが、今日の彼女の表情を見ていると、かなり無理をしてるように映りました。
同期生やベテランメンバーが少なくなってきてのこのような事件があり、彼女の心的疲労がとても心配です。
中堅メンバーが積極的に表に出てきてくれることを望んでいます。

スイスの偽ブランド対策

7月 7th, 2014

スイス製なら売れるということで、時計やバッグ、装飾品など伝統的なもの以外にもいろんなものにスイス製という表示をして、ちゃっかり儲けようとする商人もどきが横行しています。
それによってスイス製のブランド価値が壊されるとして、スイスでは法律での規制に踏み切りました。
しかしその法律に書かれている、材料の何%以上はスイス産であること、というような線引きを守ろうとすると、材料や部品の産地まで問題になってしまうので、
かなり昔からスイスで製造している実績のあるようなところまで、スイスブランドでの販売が出来なくなってしまうと、不満を訴える業者が多く、法の不備を指摘する声があがっています。
その解決策としては、スイスで長いことことやってることが証明出来るところはスイスブランドとして認める。
ということにすればいいのではないかと思いました。
いくら高級品とはいえ、安い輸入材を使わないと、採算が取れないところがほとんどですので、そうする他ないと思います。
もちろんすべてスイス製というのもありえますが、高過ぎて一般人の手の届かない、王侯貴族のような人にしか手に入らないものとなるでしょう。

宅配便の受け取り

6月 29th, 2014

宅急便は時間指定をしない限りは昼間に家に持ってくることが多いのですが、大抵の人は昼間のうちに買い物に行ったり学校に行ったり会社に行ったりしてほとんど土日以外は不在が多いのが当たり前だと思います。
そうすると、不在用紙が入っているのでパソコンなどで再配達の連絡をしますが、一回来たのでこちらがすみませんと言って欲しい感じの対応されて、いいえどういたしましてと言われたりしました。
こちらがお願いして昼に持ってきても居ないのなら申し訳なかったと思うのですが、いつもいないのにと思うのに持ってきていて再配達がめんどうなのならばそういyシステムを辞めたら良いのにと思いました。
再配達のお願いする時はお金を払うときっとこちらにありがとうございましたと言うのにと思っていました。
全国のみんなが家に住むには宅配ボックス設置義務の方うぃ作ったら良いと思います。
宅急便荷物が多いので業者の急な発送で再配達ばかりする人からの気持ちです

次女の誕生日

6月 21st, 2014

もうすぐ一歳になる次女。

長女と六歳離れてるから、赤ちゃんを24時間缶詰めで見続けるのは久々で大変な毎日だったなぁ。

でもものすごく懐かしくって、お姉ちゃんの時は右も左も分からずパニックになってたことを思い出します。

次女を妊娠したとき、私8ヶ月まで働いてたんだよね。

やっと退職して二日目、働きすぎがたたったのかまさかの出血で緊急入院!!
それから一ヶ月半程、トイレとお風呂以外寝たきりの生活。

いきなり入院したことで私はお姉ちゃんの事が心配でベッドで泣いてたっけ。

当の本人は平気な顔してたけどね(笑)
でもよく頑張ってたんだと思う。

寂しかっただろうに。

お母さんも寂しかったよ。

そして主人、本当によく一人で全てをこなしてくれました。

素敵な家族に支えられて、あなたは無事産まれてきたんだよ。

もうすぐ一歳。

あなたのその笑顔で私達家族は幸せです。

産まれてきてくれて本当にありがとう。

娘ちゃんの寝ぐす

6月 13th, 2014

最近、9ヶ月になった娘ちゃん。

今までは8時とか7時とかに寝てたのに
最近9時すぎまで起きてる(..)
昼寝も寝ても1時間なのに。

なぜ?
抱っこで寝かせようとすると
腕は突っ張るし、お腹めっちゃ蹴られる(_)しかもギャン泣きしながら。

だからついつい添い乳に頼ってしまう。

今日も添い乳で寝かし付けたけど、
30分後には覚醒。

母ちゃん泣きたくなったよ…。

仕方がないから 布団のそばで遊んでたけど
ふと、ネットで見た寝たふりを思い出したので試しにしてみた。

それでも娘ちゃん
寝ている母ちゃんほっといて遊んでる♪
それでもと思って続けてみたら
娘ちゃんが寄ってきた!!
髪の毛引っ張るのか!?と思ったら
小さい体をくっつけて
私の指で遊び始めた♪
ふふっ、寂しくなったのかな。

可愛いやつめ。

と、思った矢先
娘ちゃんの動きが止まり 寝息が聞こえてきた!
今まで凄い大変だったのに
こんなにあっさり寝てくれるなんて!
母ちゃん嬉しすぎて泣きたくなったよ!
明日もこの方法ですんなり寝てくれるといいな♪

プリンの恋人

6月 5th, 2014

Facebookに母とプリンを作った写真を載せたら、彼がすぐに「美味しそうだね」とコメントをくれました。
すぐにコメントをくれたことは、彼に愛されてるなぁと実感できて素直に嬉しかったので、私もすぐに「美味しかったよ」と返信しました。

でも、週末彼は会うなり「プリン食べた?」と聞いてきました。
プリンを作ってから一週間も経っているし、「美味しかった」と感想も伝えているのになんでかなぁと思いながらも、その時は「作ってすぐに食べたよ。
美味しかった」と返事をしました。

でも彼は毎朝のおはようのメール、仕事が終わった時のお疲れ様のメール、ただいま、おやすみのメールの全てに「おはよう。
プリン美味しい?」「ただいまプリン食べた?」「お疲れ様。
プリン食べてるとこ見たい」とプリンの単語を混ぜてくるのです。

よほどプリンが好きなのか、私が「プリンネタはもういいよ」って言ってもやめてくれないし、面白がって言っているわけでもなさそうです。

このままではプリンが大嫌いになるし、何故か私を料理上手と勝手に誤解してくれているし、彼とは別れようか悩み中です。

とりあえずプリンはもう一生食べたくありません。

Fear, And Loathing In Las VegasのLIVE!

5月 27th, 2014

7月28日和歌山GATEで行われた、Fear, And Loathing In Las Vegasのライブに行ってきました。
もう一時間くらい前からたくさんの人がバンドTシャツを着て、待ってるのだから、その時点からすごく興奮していました。
ライブが始まり最初の曲から「Chase the Light!」ではじまりminamiさんのかっこいいシャウトで始まりもうしょっぱなから会場のムードは激上がりでした。
そこから「Jump Around」と「Shake Your Body」へとNEXTREMEのアルバムの曲が続き、とくに「Shake Your Body」の時はダンスチューン要素の強い曲なのでみんながその場で踊り、両側からモッシュをされ気づいたら足が地面についてないなんてことになっていました。
さらに8月8日発売のアルバムの曲も演奏していただきほんとに熱気あふれるライブでした。

三世帯 義理のお母さん

5月 19th, 2014

結婚して三世帯になって、約2年が経ちました。

まだまだ、その環境に慣れない事、この家のやり方など、やってみて覚える事もあります。

今は、一児の母やってるので、完璧な主婦。
いつかは仕事復帰したいと思っているけれど、いつになることやら。

今は家の事全般任されているのだけれど、一番悩んで大変だなって思う事がみんなのご飯を作る事。

大人6人分プラス子供のご飯。

自分たちだけだったらどうにでもなるのだけど、お年寄りもいれば、義理のお父さんにお母さん。

義理のお母さんなんてお肉が全く食べれないんです。

自分と旦那は毎日お肉料理でもいいのだけど、今はそうはいかない。

お肉料理を作った日は、必ず、お肉以外の料理も作る様にしています。

毎日の献立に頭を抱える毎日だったりします。

料理に目覚める。

5月 10th, 2014

普段から遜色なく料理をしている私でも、こんなことを思います。

…基礎から学びたい!
はい、どういうことかといいますと。

私って、10代の頃から気づいたらなんかいろいろ料理作ってて、味付けも目分量でできちゃったりして、こうやって書いてると何だお前料理自慢かって思われますけど(笑)
例えば、出汁の美味しいとり方とか。

素材をもっと美味しくさせる、下ごしらえの仕方とか。

欧風料理でよくある各種ソースのレシピとか。

でも、これってどこから学べばいいのかなって考えちゃうんです。

お料理教室は、料理のレパートリーを増やしたいときに通いたいですし。

じゃあそういう下ごしらえ?的な本を探せばいいのかな…
いっそのこと、料理関連の資格でも取るか!なんかそれが早道のようでしかし簡単ではない道のりだと早々とやる気を失うワタクシなのでした…(コラ)

夜職だった時の出来事

5月 2nd, 2014

私は有名なキャバクラ店で働いていました。

その時のお話です。

ある日、いつも通り働いていたら思いもよらぬお客様。

それは中学の母校の教員。

そこにいた教員さんの事を私は知らなかったのですが
私は少しヤンチャな生徒だったので、
その場にいた先生は『あーあ』という感じ。

そして、何故かその場にいないかった相性激悪だった先生と電話でお話させられるはめに…。

お店のお客様、というか、母校の教員という職業のお客様を通して、
お互い嫌いあった関係でいた先生と電話させられる罰ゲーム。

昔、失礼な事をし過ぎた先生にこんな場所から電話って色々複雑。

しかも、その先生もよくこのお店にくるんだとか、、、勘弁してほしい!!
というゆうか、先生、こういうお店にくるんですね。

『ご来店お待ちしております』と何故か営業してしまった私。

心から来ないでください。

私がモデルしてた時の写真も見つけてたみたいで、電話の会話の途中
『モデルもやってるんだよねー。
頑張ってるね』
と先生からのお褒めの言葉。

先生、男の人だよね?!女の子の雑誌みるんですね。

友達すらモデルやってること知らないのに…
よく気づきましたよね。
結構、念入りにみてますよね。

色々、突っ込み所満載すぎて、面白くも辛かったです。