Welcome!

ベッドタウンの悩み

4月 19th, 2014

時々無性にパン類が食べたくなります。

それでもパン屋さんは駅前にあるので、まだ何とかなります。
いざとなればコンビニもありますから。

けれど、ベーグルが食べたくなった時はどうしようもできません。

コンビニもまず売っていないし、行きつけの駅前のパン屋さんでもベーグルは扱っていません。
作る過程が違うからでしょうか。
あのもちもちの生地にたっぷりクリームチーズとジャムを塗って食べたい!と思うのに。

そんなわけで、ベーグルが食べたいと思っても、近所では手に入らず。
買おうとすると、もっと繁華街のこじゃれたベーグル専門店まで行かなくてはいけないのです。
ベッドタウンに住む身には、休みの日の夕方や朝早くにそれはちょっときつい物があります。

願わくば、行きつけのパン屋さんでベーグルを販売しないかと待っているのですが、まだまだ道のりは遠そうです。

大切な人

4月 11th, 2014

地元を離れ9年。

今も変わらずに連絡を取り合う友達がいます。

彼女とは、小学校からの付き合いにるのですが、
お互いに何かあれば、いつでも親身に相談に乗り支え励まし合える大切な友達。

善し悪しはっきり良い合えて、互いに尊重出来る仲。

でも、ずっと仲が良かった訳ではなく、過去に沢山の喧嘩もありました。

学生の頃は何年も絶交状態だった事もあります。

ある偶然があって彼女と再会したのですが、またこうして友達に戻れた事は凄い事だと思うし、お互いを良く知っているからこそ、それまで以上の関係を築けているんだとも思います。

不思議だなと思う事もありますが、どんな縁があるかわかりませんね。

今では、私にとって心の支えでもあり、かけがえのない親友です。

大人になるにつれて交友関係を築く事は、簡単な事ではないなと痛感する事も多く、最近は自分の事ばかりで彼女に助けられっぱなしだったのを思い出し、新しく広げていく事も大事ですが、自分にとって大切な人は失わない様に、大事にしていかないといけないなと気付かされました。

健康面で不安のある母にプレゼントを

4月 3rd, 2014

最近、約5年ぶりに姉と再開しました。

姉の住んでいる所は実家からかなり遠い為、あまり実家に帰ってくることがありません。

私も、姉ほどではありませんが、実家から離れた所に住んでいるし、お互い結婚もしています。

何より、姉の仕事が忙しく、なかなか休みを取る事が難しいらしいのです。

そんな姉が、久しぶりに帰ると言うので、私も合わせて帰る事にしました。

健康面で塞ぎがちだった母はとっても嬉しそう。

私も久しぶりに会えたので嬉しかったです。

そんな姉からの提案で、母に二人で車をプレゼントしようという事になりました。

早速、次の日母を連れ、車を買いに出かけました。

思いもよらぬ行動に母はとてもびっくりしていましたが、これまた嬉しそう。

その日に、新車を購入し、帰宅。

私たちが、帰った後に納車になるので、実物はみれませんでしたが、そんな母からメールがきました。

今日、車が納車されたよ。

ちゃんと乗れるから心配しないで。
どうもありがとう。
と。

なかなか、二人でプレゼントするという事はないからいい親孝行が少しはできたかなと思いました。

善玉菌のチカラ

川越散策

4月 2nd, 2014

日曜日に子供たちと川越に行きました。

川越に来た目的は、インフルエンザにかかって来られなかったの子供の遠足のリベンジです。

天気がよく、ぽかぽか陽気で散歩するには絶好の日和でした。

電車に揺て30分ほど、家から案外近い!と思いました。

駅を降り、長~い商店街を抜けると蔵造の町並です。

私の生まれ育った町にとても似ていて懐かしさを感じました。

さて、息子の計画では「時の鐘」「菓子屋横丁」「本丸御殿」「喜多院」を回ることになっています。
地図を片手に息子の案内で散策です。

街並みの素晴らしさに見とれました。
子供たちは…街並より食い気です。

魅力的なご当地グルメのお店がたくさん並んでいます。

取り合えず菓子屋横丁までは我慢、我慢です。

懐かしい駄菓子が所狭しと並んだお店、お店、お店。

駄菓子屋さん初体験の子供たちは興奮気味にお店を回ってお買い物です。

子供、一番の戦利品は「1億円かまぼこ」です。
食べきれるか心配になるほど大きく薄っぺらい焼きかまぼこです。
帰ってお父さんと食べるんだ~と大事に持って帰りました。

計画通りに見学を終え、帰りの電車の中はとても疲れて爆睡です。

それもそのはず、万歩計を見たら1万歩を超えていました。

久しぶりに子供と楽しくおしゃべりしたり、ゆっくり手をつないで歩いたりした1日でした。

こんな1日もあったことを思い出させてくれた川越散策でした。

アーマードコア(初代)

3月 24th, 2014

知る人ぞ知る超高難易度ゲームです。正直、相当な練習を必要とします。普通の人にはおすすめできないところがあるぐらい、つらいゲームです。そして、私はこのゲームが大好きです。日々普及、布教のために、友人たちにすすめてはいますが、なかなか、これが広まってはいかないものですね。
このゲームの特徴は、初代ということもあり、難易度設定がかなり高めになされているというところです。そして、上下への移動が多く、落下や水没など一瞬でゲームオーバする場合も少なくありません。また、毒ガスの充満した空間で、単に行動しているだけでダメージを受けていくというなんともシビアなステージさえ存在します。
特に特殊な条件が付加されていないステージであっても、非常に迷路が複雑だったり、相手のACが圧倒的な火力で自分を粉砕していくなど、一筋縄ではいかないものばかりで、ここがたまらなく面白いところです。ときには、愛らしい、というか、これヤバイだろという形をした、生物兵器まで登場いたします。最高です。
さらには、ラスボス「ナインボール」など、完全に反則です。
アーマードコアシリーズを知らない人も、プレステ2から入ったという人もぜひ一度やってみてください。

朝のエレベーター争奪

3月 16th, 2014

10階建てのマンションの9階に住んでいます。
エレベーターは2台あるのですが、朝の間の悪い時間に嵌ってしまうと各階止まりになってしまうんです。

急いでいる日に限ってほぼ各階止まりになるので本当にイライラしてしまいます。

時間をずらせばいいと思われるでしょうが、今日はノンストップで1階に着けたと思って翌日も同じ時間にすると、込み合った時間の人が数分ずつずらしてみた結果、また各階止まりになってしまったというコントみたいなことが本当にあるんですよ。

だって各階止まりになる時、毎回同じ顔ぶれじゃないんです。5階で乗り込んでくる家族なんかは、ある時は奥さんだけ、ある時は旦那さんだけ、またある時は子供入れて家族全員の時もあるんですから。

気まぐれに階段を使ってみると、10階の人が悠々とノンストップで降りて、さっさと前を歩いていたりして、なんだかがっかりするんです。

それでも折り合いをつけて、数か月もすればその混乱ぶりも落ち着くのですが、夏休みなどの長期休みを挟むと学生さんがリズムを乱すのか、また一からやり直しになるんです。

いつかエレベーターを増設してもらいたい。そんなささやかな欲望を抱く毎日です。

狙除機が壊れました

3月 9th, 2014

電化製品が壊れる時は突然ですね。
調子が悪いと思っていたら・・・・とかいうわけでもなく、何の前ぶれもなく、作動しなくなっちゃう。
けっこう長い事使っていたものだから、もう仕方が無いのかなとは思うけど、こういう家電製品って、壊れてしまっても外見はきれいなものだから、なんとなく勿体なく思えてしまいます。
かといって取っておいたところで何に使えるわけでもないので、結局は捨ててしまうんだけど。

そんなわけで、明日は掃除機を買いに行かなくては。
いまの家はそんなに広くないから、ハンディタイプでもいいかなとは思っているんだけど、まあお財布と、店員さんと相談ですね。
買いに行くと、ついいいのが欲しくなっちゃうんですけれど、吸えればいいやくらいのやつで今回は我慢するつもりです。
色はやっぱり、ブルー系かな。
赤い掃除機ってなんだか好きになれません。

実はドライヤーも欲しいし、体重計も古いし・・・なんて言い始めると、よけいなものを買ってしまいそうだから、明日は掃除機だけを買います!宣言しておきます。

国が除雪費用の補助を拡大

3月 2nd, 2014

毎年、冬の長期予報を見ると暖冬気味となっていても、
実際は極寒の冬が続いています。

私の住んでいるところでも、
今までに経験したことのない寒さや、
大雪に見舞われて雪かきに追われたりすることがあります。
先日、それに関連したニュースがありました。

国が除雪費用の補助を拡大するというものでした。
雪国ではここ数年、大雪が続いていて、
自治体は除雪に追われていますが、
あまりの雪の多さに除雪費用が早々に底をついてしまうケースが相次いでいるので、
各自治体は国に除雪費用に関して要望をしていたようですが、
国としても本格的に対策に乗り出したようです。

自宅の前の雪かきでも雪の多さに閉口しますが、
道路の除雪も見るからに大変そうで、
何度も除雪車を目にします。

しかし最近は除雪車も追いつかないほどの雪の量で、
せめて家の前だけでも除雪車に頼らないようにと、
お隣さんと雪かきをするのですが、
とても人の手では除雪しきれるものではありません。

子供の頃を思い出してみると、
こんなに雪が降ることは滅多に無く、
降った時は喜び勇んで外で友人と遅くまで遊んだものです。

しかし異常気象のせいか、
毎年大雪に見舞われるとさすがに嫌になってきます。
今後も大雪が降ることが予想されますから、
国には更なる雪対策をしてほしいと思います。

今年の紅葉は美しかった

2月 22nd, 2014

今年の秋の紅葉は抜群に美しかった。雑木林の山の色づきあいは美しかった。厳しい寒さに襲われる山々のその前のほんの一時を紅葉がぼやぼやとした色合いで飾ってくれました。毎年美しいと思うが今年は特に美しい。住宅地を歩いていても美しい紅葉に出くわすことが多い。主にイロハカエデと街路やお寺などで大きく育った銀杏の黄色が美しい。強い西風が吹くと梢から一枚、一枚はがされるように飛んでゆく。カエデの枯葉は特に軽いから50メートル先くらいまでは平気で飛んでゆく。

道路の掃き掃除をしていると見たこともないような珍しい葉が吹き寄せられていることがある。どんな木の葉だろうと手に取って考えてみるが、よく分からない。夕方散歩に出て分かる。少し離れたお家の庭の奥の方に正体のわからぬ枯葉を付けた木が冬支度をしていた。植物図鑑を捲ってみたが結局名前の分からない木だった。気候のいい時はなにも気づかずに通っている所でも、冬支度が始まると気が付くこともあることが分かった。 

夏の暑さとその後急に冷え込んだ時期があった。平年以上に大きかった寒暖の差が錦秋の秋を日本列島にもたらしてくれたのだろう。夏が暑い事は水分が不足する。木の葉は生きるために暑い中一生懸命地中から水を吸い上げる。その努力の成果として美しい紅葉が出来上がったのだろうかと思う。 

偽装表示はやめてほしい

2月 15th, 2014

毎日ニュースを見ていると、
食材偽装事件のニュースが無い日は無いというくらいに、
次々とメニューと違う食材を使っていたり、
表示そのものが無かったりとありとあらゆる食材偽装が明るみになっています。

しかも誰もが知っている有名企業が続々と出てきて、
もはや何を信じていいのかわかりません。

「どうせわからないだろう」、「謝ればいい」、「その時儲かりさえすればいい」といった、
企業体質が透けて見えます。

おそらく今回の食材偽装で名前が出た企業は、
信頼を失って今後は消費者にはそっぽを向かれるでしょうし、
そういう消費者でなくてはならないと思います。

喉元過ぎれば熱さを忘れるではありませんが、
消費者の側も忘れることなくいたいものです。

最近は食材偽装だけでなく産地偽装もまかり通っています。
国産と表示してあっても全て中国産と疑ってかからねばならないほどです。

「国内の工場で製造しました」と紛らわしい表現もあります。
いくら国内の工場で作っていても、
元の原料が安心できないものであれば意味がありません。

最近はトレーサビリティ制度もあり、
ある程度は食材がどこからきたのが判別できる物もありますが、
それすらも本当かどうか怪しいと思わざるをえない事態になっています。

頑張って美味しい食材を作っている方々の努力を無にするような、
偽装はやめてほしいものです。